天地返しのその後・・・ 菜園便り

「あるじ」の右足首負傷の結果、一時的に耕作放棄地になった家庭菜園はどうなっただろうか? ギブスが取れる数日前の3月27日におよそ5週間ぶりに畑を見に行った。 なにしろ「天地返し、寒晒し」のままであったジャガイモ用地や、風よけ・防寒のためにポカポカシート(不織布)を掛けた大根や、ビニール掛けのガーデンレタスはどうなっただろうか? 春の陽気が感じられる今日この頃なので次の作業に早く進まなくてはならない。

画像4月5日 遺跡の発掘現場のように溝に掘った「天地返し」のジャガイモ用地にやっと落ち葉を入れた。 4列をジャガイモ用に予定しているが、今日は一列だけにして、足元不如意のため、あとは後日までお預けだ。

4月3日は日本海を猛烈に発達した低気圧が東進して、ものすごい風が吹いた。 しっかり固定していた畑の「支柱」立てが見事に倒れていた。 南側から北に向けて、ばったりだから、余程強い南風が吹いたことが分かった。 そんな光景を含めて、面倒見きれずに荒れた、しかし想像以上に立派に生きていた菜園風景をデジブックにした:




http://ping.blogmura.com/xmlrpc/nbw3frykmkts



庭先菜園12ヵ月
実業之日本社
和田 義弥

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 庭先菜園12ヵ月 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのコメント

2012年04月08日 23:21
あはり春の嵐は大変な被害だったんですね。
きちんと写真を撮っているから記録になりますね。
私は修復することばかり考えていて記録写真がないんです。
お疲れさまでした。
2012年04月13日 13:40
骨折大変でしたね!
菜園もで体の回復優先でマイペースですね!
冬越しのレタス、結構食べれますね
2012年04月13日 22:14
ろこさん、ギブスしている間は出かけられないし、出かけても遠くに行けなくて、何か話題はないかと畑にカメラを持っていきました。支柱立てが倒れた以外は5週間留守したというのに、畑は元気でした。日頃のお世話がいいせいかな?
2012年04月13日 22:20
清兵衛さん、まだ完治じゃないけど、ぼちぼち畑仕事を通してリハビリです。1回位ジャガイモが取れなくていいじゃない!これも人生!なんて思いながらやってます。 身体の中からの回復のため、ビタミンCの豊富なレタス、冬大根、ブロコリーなど自前の野菜を食べてます。

この記事へのトラックバック