頑張って欲しい福島の農業(5)

被災地同士の支援が広がる!福島二本松農園のメルマガ第8号をお伝えします。 津波・原発被災からなお復興に向けて奮闘している福島の農家の方が同じ被災地の岩手県盛岡市を支援されている心温まるお話です。 被災地同士でこんな支援があるのを知ると、非被災地に住む私たちはもっと被災地を支援する必要を感じます。 3.11を決して風化させてはいけないし、「のど元過ぎれば熱さを忘れ・・・」「熱しやすく、冷めやすい」性分にはなりたくない! 一過性でなく、持続可能な支援を続けたい!

今回は二本松農園のネットショップ http://www.nihonmatsu-farm.com/ で「曲がっていても同じ味のキュウリ(5kg ¥1250)と「トマト桃太郎(4kg¥2500)」をオーダーし、支援募金にも多少を協力した。

8月中旬にもなると自家菜園のキュウリも終わりをつげ、現在秋取りの「夏涼み」を育成中だけど、一日3回食べていたキュウリが食卓から消えると寂しいもの! なにか体調にも変化が? そこで市場に並ばない、形が悪いけれど、味は同じで美味しいキュウリに飛びついた。 自家菜園では蛇のように長かったり、ウリのように太かったり、果てはS字型、U字型、渦巻き型、コブラ型、ヒョウタン型をした多種多様のキュウリは日常茶飯事! すべて美味しくいただいている。

店頭に並ぶ同じ長さと太さのキュウリに慣らされている消費者やスーパーが「規格から外れ」もっと柔軟になれば農業や消費のあり方が変わるし、将来が明るくなると思うのだが・・・・ 。

我が家で人気のトマトは今年は5種類のミニトマト(ミニキャロル、ミニイエロー、トマトベリー、キャロル7房採り、中玉スイート)を植えたが、収穫はほとんど終わりになった。 しかしプロの農家にはかなわない! トマトもキュウリもまだ農家には在庫があるので協力した。
 
写真は農業には直接関係ないが、昨秋盛岡市を通った時の岩手山(南部片富士):
画像

メルマガ第8号:

岩手県盛岡市には、沿岸部で津波被害に遭われた方が多数避難しておられ、不自由な暮らしをされている方もいらっしゃいます。福島県有機農業ネットワークでは、東京の団体から支援資金をいただき、毎週木曜日到着で、盛岡の津波被災者のお世話をされている「一般社団法人 SAVE IWATE」さんに、福島県産の野菜や果物をお送りしています。

今回(平成24年8月16日)は、SAVE IWATEさんから、「支給するお米が少なくなってきたので支援いただきたい」旨の連絡をいただきましたので、急きょ福島県内の有機農家等から、平成23年度産米29袋(870kg)を集め、車で直接、SAVE IWATEさんにお届けしてまいりました。

二本松市を午前11時に出発、1t積ワゴン車にはお米のほか、スイカ50個も積んだので、相当の重さで、高速道路もあまりスピードが出ない状況でしたが、なんとか、午後3時には盛岡市のSAVE IWATEさんの事務所に到着しました。

さっそく、スタッフのご協力を得て、お米とスイカを、SAVE IWATEさんの倉庫に移しました。
事務局の阿部さんのお話しでは、「盛岡市には津波被災者約60世帯が生活されていますが、生活が苦しい世帯も多くあります。SAVE IWATEでは、これらの方々に毎週末生活物資をお配りして非常に喜ばれています。しかし、最近は支援物資の提供もめっきり少なくなり困っています。


このような中、福島県有機農業ネットワークからの毎週の支援は非常にありがたく、被災者も感謝しています。特に、2週間前に支援いただいた福島県産の桃は被災者に非常に好評でした。生活の基本はお米なのですが、これも最近はご支援の量も少なくなってきたため、今回の福島有機ネットさんからの支援は非常にありがたいです。」とのことでした。今回お持ちしたのは、約900kgでしたが、これも1カ月ほどで消費されるということでしたので、私からは「お米は、金額がはるので、正直毎月充分なご支援は難しいですが、資金的な支援をいただいている東京の団体からの原資の他にネットでも支援を呼びかけてみます。」旨のお話をしてきました。

震災からまもなく1年半。福島県の被災も大変ですが、宮城・岩手県の津波被害は今も深く続いているのだと、感じてきました。

福島県有機農業ネットワークでは、今後もできる限り、SAVE IWATEさんにお米の支援をしていきたいと思います。このため、がんばろう福島、農業者等の会(二本松農園)のnetショップ
http://www.nihonmatsu-farm.com
で、このための募金を開始しました。ご協力をぜひお願いいたします。
SAVE IWATEのスタッフの皆様がんばってください。福島県農業もがんばりますので。

【写真はこちらのブログでご覧いただけます。】
http://nihonmatufarm.blog65.fc2.com/blog-entry-396.html
【岩手県津波被災者への米支援については次のnetショップで行うことができます。】
http://www.nihonmatsu-farm.com/

2012年8月16日
二本松農園代表(福島県有機農業ネットワーク事務局長)齊藤登


http://ping.blogmura.com/xmlrpc/nbw3frykmkts



東日本大震災 復興支援地図
昭文社

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 東日本大震災 復興支援地図 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック