大刀洗平和記念館を加えました!

画像戦後(敗戦後!)70年 昨年8月発表の陸軍桶川飛行学校跡デジブックに昨年10月九州へ山旅の途中、どうしても立寄りたかった大刀洗平和記念館を加えて再発表です。

大刀洗(福岡県朝倉郡)と血洗島(埼玉県深谷市)は恐ろ恐ろしき日本二大洗場(戦場?)と言える(私説!)ほど地名的にも興味が湧く・・・・ 。


大刀洗(たちあらい): 南北朝時代に九州の有力武将菊池武光が戦のあと、太刀を洗ったとされる場所で、菊池氏は熊本県菊池市や菊池神社の起源となる。


血洗島(ちあらいじま): 埼玉の著名経済人渋沢栄一の出身地で、諸説あるが、赤城山の山霊がほかの山霊と争いの後、片腕をへし折られて、血を洗った場所、あるいは利根川の氾濫原で、地洗い、地荒れがいつの間にか地が血に変わったとされる。


大刀洗平和記念館(祈念でなく、記念という文字を使用している)は展示が新しく、見やすく、史料が豊富だが、館内はゼロ戦闘機(国内で唯一現存するもので、マーシャル群島タロア島より返還されたもの)以外は撮影禁止になっていて、見たものは記憶(これは弱点!)に焼き付けるしかなかった。


以下のデジブック再編版をご笑覧下さい:




http://ping.blogmura.com/xmlrpc/nbw3frykmkts

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック